「今」の時間

今年の初め。

その時期に私がイギリスに行こうと決めて、そして過ごした二ヶ月半。


そこで過ごしたからこそ出会えた風景や、浮かび上がった想い。


それを形にしたのが「PeoMy UK」のジュエリーたち。


そのジュエリーたちが生まれた瞬間を、今でも目の前の出来事のように思い出したりします。


生まれたジュエリーと物語はどれも私の大切な経験。


でもその中で、「今」スポットライトが当たる子は「今」の自分によって変わったりします。


今、ずっと引っかかっている子はこの「time - 限りある時間 -」。

DSC00284.jpg




「永遠に在り続けるものはこの世に存在しない。

必ず限りがあるものだと知ることは大切。


楽しいことも、苦しいことも全部自分の愛おしい時間だと気づくから。

限りある短い時間を、存分に生きようって心に刻めるから。


流れる時間は、命の時間。」


こんなストーリーのあるネックレストップ。


このジュエリーとストーリーは、私のこんな経験から生まれました。


『「今日、私が好きだった俳優が死んだ。彼はまだ60代だった。」

ある日、突然こんなことを言われました。

私は悲しい気持ちで

「残念だね。」

と答えました。

その人はさらに続けました。

「彼はまだ60代だった。彼の奥さんと過ごせたのは20年くらいだったみたい。」

そして

「やっぱり人生は短いね。私は大切な人と後どれくらい一緒に過ごせるかな。」

と言いました。


人の死を悲しむだけでなく、その人は亡くなった方が大切な人と一緒に共有した時間が短かったことも悲しみました。


これは「有限である時間」というものを、改めて私に意識させてくれた出来事となりました。


毎日の生活で、

「限りある。」

と少し思い出すだけで、その時間が少し特別に思えるような気がします。』


このネックレストップを「今」と言って選んでくださった女性がいます。


その方は多くを語らなかったけれど、

この子はきっと今の彼女にとって必要だ。

と直感で、そして心の深いところで感じたのを覚えています。


その出来事からじわじわと私の心の中で広がり続けるtimeのストーリー。


自分から生まれたものが、また違う方の手に渡って、新しいその方だけのストーリーになる。


PeoMyのジュエリーがそうなって行って欲しいな。。

とピオミーの存在意味を考え続けていた2年前。


やっと、じんわりと実感できているように思います。


- PeoMy出展情報 -
【阪急梅田本店 秋のアクセサリーフェア】
■日にち:9月6日(水)〜12日(火)
◼︎時間:日〜木 10:00-20:00 金、土 10:00〜21:00
※最終日は18時まで
◼︎場所:阪急うめだ本店 9階 催事場

----------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナルジュエリーブランド
PeoMy(ピオミー)
オンラインショップ https://peomy.buyshop.jp
Facebook http://facebook.com/peomy.j
Instagram http://instagram.com/peomy_jewelry
----------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定