今と昔がつながった瞬間

そういえば、私が免疫学が好きな理由も「それぞれに役者があって、ストーリーがあるから。」と答えていたことをふと思い出しました。(私がジュエリーに出会うまでのお話→


IMG_6461.jpg


私は昔から物事を映像で捉えて、記憶していたように思います。


今でも一つの記憶は映画のワンシーンのように私の頭の中に残っていて、そのワンシーンを第三者的に見ている、そんな映像として残っていたり。
すべての記憶を、というわけではないけれど。

そして何か、言葉でも形でもないものを捉えるとき、なんとなくその色だったり、明るさだったり、形だったりで捉えたりしているみたい。


免疫という学問は色んな役者が出てきます。
その一つ一つが複雑に絡み合って、外から来た刺激に対して自分がやるべき役割を果たす。そしてその反応が波のように次の役者、次の役者へ受け継がれていって(あるいは同時に)、一つの(例えば「炎症」のような)出来事となって、それが体の症状として出てくる。

そんなことを頭の中でぶわーっと想像して、一つ一つの役者(実際は細胞だったり、分子だったり、遺伝子だったり。。)にカラーと性格と形を私の中で作っていました。
よく論文の端に、細胞に顔をつけてその流れを絵にしてたり(笑)。


自分が研究できる範囲なんて広い広い大海原の中の小さな小さな砂粒にも満たない範囲でしかないけれど、その小さな範囲を知れば知るほど、無限の世界が広がっていることに気づいて、それこそ人体の不思議、自然の神秘に感銘を受けていました。

そんなことも想像してたなあ。。。

こんな世界で新しい発見をし続ける研究という仕事はほんとセンスがいると思う(笑)。



きっと今も同じ感覚でジュエリーという形にしているのだと思います。

あ、と私の中に残ったものは、何かふわっと頭の中で感じる形や色があるというか。。

だから私の頭に残る映画のワンシーンのようなカットを引っ張り出して、そのカットの背景とともにストーリーが生まれて、それを目に見える形にするようになったんだと思う。

きっとこれは私が昔から持っている変わらない部分。


なんか急にふっと思って、「あ、だからピオミーのジュエリーにはストーリーが必要なんだ。。」
と、なんだかスッキリしました(笑)。


ただ無意識だから気づかないだけで、昔から当たり前のように使っていて、実は大切な能力ってまだあるのかもしれないあ。

と、昔と今の点が線で結ばれた瞬間でした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナルジュエリーブランド
PeoMy(ピオミー)
Facebook http://facebook.com/peomy.j
Instagram http://instagram.com/peomy_jewelry
----------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定