スペシャルなボーナス

帰国まであと数週間のところでやっとインターネットがつながりました。

たくさん書きたかったことあるけど、なかなかできなくてモゾモゾしてました(笑)。


あっという間に時間はすぎて、変わらないはずの時間のペースをやっぱり誰かが変えているような気がする。。


とにかく私はイギリス生活を心から楽しんでいます(笑)。

もちろん新しい出会いがたくさんあるのも楽しいけれど、日本では中々できないリッチな時間の流れがとても心地よくて。

あ、ダラダラしているわけではないのですよ(笑)。一応。

初めてのことすぎて、日本にいるときは「どんなんなんだろう。。」と自分でも想像ができない思いや好奇心のほうが強かったから、こんなに楽しいと思っていなくて(笑)なんだか棚からぼた餅的な時間を満喫しています。

愛犬のそえちゃんに会えないのだけがひたすら心苦しいです。

とりあえず道ですれ違うワンコたちを食い入るように見る日々です。



もう数週間前の話になっちゃうけれど、スペシャルボーナスで、会えたらいいな、会いたいなあ。と思っていた友人にイギリスで会うことができました。

一足先にイギリスの大学院に留学していた彼女は、4時間も電車に乗ってイングランドからウェールズまで会いに来てくれました!!

本当にありがとう。。

会った瞬間から話が止まらなくて、面白かったのがイギリスと日本を比較して、同じように感じている部分がたくさんあったこと。

●デパートの化粧品売り場の匂いは日本と同じ。
●日本のコンビニおにぎりの値段とクオリティーのすごさを実感。
●日本のトイレ最高。
●日本には他が真似できない素晴らしい技術やものがたくさんあるのに、なぜ世界的に流行らないのか。。絶対誰もが便利なはずなのに。。
●なぜイギリスの日本食は、日本の味とこんなにかけ離れるのか(日本で食べるイタリアンとかも現地の人はきっと同じ意見だと思うけどww)。
●地震が日本みたいに多くない国だからあり得る建物や設備の設置の仕方。。。。


他にもあったかもしれないけど、ぱっと言う言葉が同じで笑えました。

もちろん、イギリスにあって日本にないのが悲しい、というものもたくさんあるんですよ(笑)



彼女にイギリスで会って、二人ともここにいたから出来たんだろうな、と思う話もありました。

彼女が言っていた、

「外国に来たら必ず視野が広がるというわけではないんだなと思った。」

という言葉は、前のブログで私がイギリスの海を見て感じた想いと似ているように思えて、はっとしました。

きっと新しい出会いと発見は日々の中でたくさんあるんだけど、それに気づいて(対処したり)、そして吸収して吐き出すのは、今まで自分が培ってきたものによってできることなんだなと。

やっぱり一本なんだ(笑)。


そしてやっぱり日本を、そして自分を客観的に見る機会も多くて、意外と「視野が広がる」という感覚より、過去の自分と今の自分をまた見つめなおして、点を線で結んでいく時間が多いような気がします。

これを「広がる」と表現するのかわからないけれど、きっと今の時間は、「今」ではなくて次の何かの「培ってきたもの」になるのかもしれません。
そしてそれがいつ発揮されるのかタイミングは計れないものだったり。


だからドラマみたいに、外国に来たら急にぱっと広がることは案外少ないことなのかなあと。

バラバラのパズルが急に完成する感覚があることはあるけれどまたこれとは違う気がする。

住んでたらやっぱり日常になっていくし(笑)。


海を見て、そして前のブログを書いたとき、きっと言葉にできるまでのものではなかったのだと思うけれど、彼女の言葉を聞いてなんだか心の深いところで「うんうん。」と思った気がします(笑)。

きっと彼女は彼女でまた違うこともたくさん感じていて、そしてイレギュラーな日常をたくましく生き抜く彼女がやっぱり好きだった^^


「ピオミーのジュエリー、大切に手荷物でイギリスに連れてきたよ!!」

と素敵な笑顔をくれた彼女。

今きっと彼女の中で芽生えつつあるたくさんの「想いの種」。

ベストなタイミングで美しく花咲きますように!!


DSC09692 (2)

----------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナルジュエリーブランド
PeoMy(ピオミー)
Facebook http://facebook.com/peomy.j
Instagram http://instagram.com/peomy_jewelry
----------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定